このページではJavaScriptを使用しています。

INTERVIEW

2014年入社 資材事業部

心掛けているのは
自分なりの+αを考えること

出身:札幌市
出身校・専攻:簿記系専門学校卒
趣味:音楽鑑賞

2014年入社~現在 【販売事業部(今の資材事業部)】
 資材業務の後方支援全般を担当

資材調達業務における後方支援の仕事

「もの」を仕入れて、売る事業を行う資材事業部で、私は後方支援を行っています。
後方支援の仕事とは主に事務処理ですが、まず朝一でお客様(主にJR)からの注文状況を確認し、各種伝票を出力します。その後、発注書を作成しインターネットを介して発注を行うまでが日々の基本的な業務となります。
その他にも、電話対応や作成した発注書・自社システムに取り込んだあらゆるデータの管理を行うなど、営業担当者にいつでも必要な情報を提供できる体制を整えておくように心がけています。また、月ごとに部署全体のお金の流れ(入金・出金状況など)を把握し経理へ報告する業務も経験を積んだ社員には任されるようになります。

仕事で大切にしていること

目の前の業務をこなすことだけに留まらないように、自分なりの+αを考える習慣を持つように心がけています。
仕事は、常に社員がチームとなり取り組んでいますので、決して1人で行うことは不可能です。私が担当している業務は、その中の一部になりますので自分なりに勉強する時間を設けるよう工夫しています。過去の実績や、資料などから知識を得るのはもちろん、良きタイミングで経験豊富な上司に伺ってみたり、パフォーマンス向上を目指し日々模索しています。
また、周囲とのコミュニケーションを大切にし、細かな配慮や気づきに繋げていきたいと思っています。

自身の成長や部での役割など、変化したこと

入社当初は、少しでも早く会社の戦力になれるようにと自分自身のスキルアップのための方法を考えていました。1人ではできなかった仕事を次はこなせるように、その時の問題点や対策を考えてみたりと、吸収するための行動を自分から起こすことを目標としていました。
今では、入社してから6年が経ち後輩たちがどんどん増えてきました。焦点が自分から全体に自然と変わってきたなと感じます。後輩への指導はもちろん、いつも周りの状況にアンテナをはることを心掛けることにより、グループ全体の仕事をいかに円滑に進めることができるかを考えながら業務にあたっています。

当社の好きなところ

個々の疑問や意見を気軽に発することができる雰囲気があるところです。
誰かのちょっとした一声で、先輩・後輩関わらず意見交換が始まります。自分自身の新たな気づきに繋がると同時に、グループ内で様々な情報を共有することが可能になります。仕事を進めるうえで、コミュニケーションは欠かせないので、とても働きやすい環境だなと感じています。

1日のスケジュール

08:50 《始業》メールチェック、当日の予定確認
09:00 各種帳票出力、発注書作成(システム入力)
12:00 《お昼休み》
13:00 WEB発注
16:30 発注書(控)等の資料整理
17:25 《終業》退社

学生の皆さんにメッセージ

たくさんの物事に触れてみて下さい。何に対しても初めてのことは、不安や迷いがあると思いますがとにかく行動あるのみです。チャレンジしてみましょう!!最初から上手くいくことばかりではありません。それでも前向きに取り組める姿勢があれば徐々に結果がついてくると思います。
就職活動においても、仕事を始めてからも全てに通ずるように私は感じています。積極的に且つ楽しみながら、自分の明るい未来に向けて頑張ってください!!!

【参考動画:資材調達の仕事とは】