このページではJavaScriptを使用しています。

INTERVIEW

2009年入社 金融事業部

自分自身の在り方に
日々向き合っていく

高校まで東京及び神戸で育ちましたが、関西弁も抜けすっかり道産子になりきっています。くまモン、ふなっしーなどゆるキャラが好きです。最近何でもできるようになってきた娘(3歳)にデレデレの母です。

入社動機

JR北海道グループの基幹商社として、多種多様な商品を通じてあらゆる業界の企業に対する貢献度の高さと、一つの部に限定されない「北海道ジェイ・アール商事」としての全ての仕事に携わることのできる環境に魅力を感じ、入社を決めました。入社後は販売事業部で6年間営業事務として契約書の更新や入金・支払業務等に携わり、H28年度から金融事業部に所属し現在に至ります。

担当している仕事

リースの営業及び事務を行っています。2016年の4月に販売事業部から金融事業部に異動となり、主に一般のお取引先との契約事務について、リース開始時から終了に至るまでのシステムへの入力や契約書の作成を行っていました。定例的な会議資料の作成や会議資料の取りまとめについては今も継続して担当しています。特に、債権残高推移表の作成については、会社としての金融資産ともいえるものであり、将来どれだけのリース料の回収見込みがあるか、債権残高を維持するためにどの程度の金額の成約をあげなければいけないのかなど、今後の計画を作成する際、また経営的な視点で見る為にもとても重要な資料となっています。現在はJR北海道・JR北海道グループのリース案件について、稟議書類の作成など営業に関することも少しずつ勉強しています。

仕事において心掛けていること

「早めの行動」です。一定のレベルで期限までに物事をやり遂げることは学生時代も同じだと思いますが、社会人になってからは特に期限に余裕をもってこなすことを意識するようになりました。突然打合せが入ったり、別の仕事に思ったより時間がかかったり、決裁が必要なのに上司が外出してしまったり、特に産休及び育休から復帰してからは突発的に休まざるをえない日が何度もあり、自分の計画していたスケジュール通りに仕事ができないときがありました。そういう時に周囲に迷惑をかけないように、普段から仕事の進捗状況を上司に報告したり、机上の書類を整理しておくなど、当たり前かもしれませんが、時間も心も余裕をもって仕事に取り組むことを心がけています。

これからの目標

仕事においては、業務を通じて自分の存在価値を常に意識してキャリアアップを図り、周囲からの評価をやりがいとして堅実に働いていくこと。また同時に、プライベートにおいても現状に満足することなく、自分自身の在り方に日々向き合っていくこと。欲張りかもしれませんが、仕事でもプライベートでも自分らしさややりがいを実感できるような時間を積み重ねていくことが、これからの目標です。

学生の皆さんにメッセージ

就職活動は、企業や人はもちろんその他にも今まで知らなかった新しい存在に触れることのできるチャンスだと思います。自分の軸をぶらさないことはもちろん大切ですが、限られた時間の中で説明会や会社訪問等の機会を最大限に活かし、できるだけ多くの企業に出会ってください。その中で「北海道ジェイ・アール商事」という企業にもぜひ興味を持ってもらえたらと思います。