このページではJavaScriptを使用しています。

INTERVIEW

2015年入社 販売事業部

『答え』が一つではない
というところが面白い

函館出身で小学校からサッカーを続けています。「変わることを恐れない」をモットーに日々仕事に取り組んでいます。

担当している仕事

鉄道事業運営に必要不可欠な物品調達を担っている販売事業部に所属し、電気Gを担当しています。 列車運行に必要な電力を安定的に供給する電力設備、列車の安全を確保する信号保安設備、列車運行を集中制御する運行管理システム等に関わる製品を取扱っています。

仕事において心掛けていること

伝書鳩のような仕事で終わらせないことです。お客様とメーカーとの中間の立場に立ち、価格や納期などの調整を行う際、聞いただけの情報を相手に伝えるだけでは商談がうまく進まず、意思疎通が図れないとトラブルのもとになるためです。そのため、常にアンテナを高くもち、必要だと思う情報は事前に調べるなどして準備し、自分の意見を交えて仕事をしていくことを心がけています。

一番やりがいを感じたこと

商品の仕入、商品の販売、どちらも『契約』が存在します。その『契約』に至るまでに、価格や納期等の様々な事柄に対しての根拠を自分自身に『なぜ?』をいう疑問を持ちいろいろと調査していくことで、『答え』を導き出し『契約』に至ります。しかし、その『答え』が一つではないというところに面白さを感じます。

仕事のおもしろいところ

商品の仕入、商品の販売、どちらも『契約』が存在します。その『契約』に至るまでに、価格や納期等の様々な事柄に対しての根拠を自分自身に『なぜ?』をいう疑問を持ちいろいろと調査していくことで、『答え』を導き出し『契約』に至ります。しかし、その『答え』が一つではないというところに面白さを感じます。

これからの目標

当たり前のことかもしれませんが、これまで学んできたことを学んだだけで終わらせず、応用できるようにしていきたいです。